k-NN

  • やりたいこと
    • 入力文の感情カテゴリ推定処理
      • 入力文の各学習データとの類似度を計算する
      • 学習データにはタグ付きコーパスを使用
    • 各学習データとの類似度の計算結果の上位k件を入力文の感情とする
Remove all ads

中国語検定2級受けてきた

小杉高校で受けてきた。どうせ受からんやろとおもったけど、受験料払ってもらった手前、いちおう勉強はしてみた。「どうせならこの機会に知識くらいつけておくか」みたいな気持ちで。

確か1年前に3級を受けたと思う。その時はひたすら「絶対に受かる本」みたいの読んでた。けど、2級は語彙の量はんぱないし、なんか慣用句とかでてくるし、マジか・・・みたいな感じで、参考書を流し読みすることしかできなかった。あと呼応表現頭に叩き込んだり。当日を迎えて、リスニングをまったくやっていなかったことに気づいてちょっと焦った。

会場についたら、あきらかに小学生と思われる子がいた。それはもう聡明な感じで、目があうだけで「生きててすみません・・・」って思った。なにがあったらその歳で中国語検定2級を受けることになるのだと、彼のこれまでの人生を考えてみたりした。そうしてるうちに試験は始まった。

リスニングは、とにかく早かった。メモが間に合わない。つらい。つらい。はやく終われ。ひたすら念じていた。あと分からなさすぎて焦っていたのと、直射日光に当たっていたのとで、ひどく汗をかいた。試験官のおじいちゃんがそっとカーテンをしめてくれて助かった。 筆記は、思っていたほどわからないわけではなかった。ただ文章を日本語に訳したり中国語に訳したりする問題はダメだった・・・。とくに日本語に訳すやつ、日本語めちゃめちゃだった。「みんな表面上は気をつかっていて、この話をする人はほとんどおらず、老人と保安官は、このようではなく一つの世界にいる人だとはみなせなかった。」*1いま読み返してもよくわからない。

家に帰って解答速報みたら、選択問題は8割くらい合ってた。ただ、日訳と中訳があまりにもひどいのでどうなるか分からない。まあ、だいたいこんなものかとわかったので、2月にまた頑張る。

*1:大家表面客客气气,却没人在乎这句话,老板和保安,无论这样也不能算一个世界里的人 (皆表面的には礼儀正しくしていても、誰もこの言葉を真に受けていなかった。社長と警備員は、どうであろうと同じ世界にいるとは言えないのである。)

Rails寺子屋5に参加した。

10月25日、例のごとく高速バスにのって東京にいってきた。 9:00くらいに水道橋駅からちょっと歩いたところにあるチームラボに着いた。

やったこと

会場に着いて即手動マージ業した。午前中は、五十嵐部長の講義、初心者向けRails GirlsチュートリアルGithub道場、もくもく作業のいずれかを選ぶ感じだった。わたしはもくもく作業にした。というか仕事してた。先輩社員の @HolyGrail さんが師範としていらっしゃったので質問しながら進めた。やはりわからないところをその場で聞けるのいいな…。HTTPメソッドの知見深められた。要らないファイルを:put_litter_in_its_place:したり。パパパーと終わらせられたのでよかった。

全体を通して

@kitak さんのライブコーディング、超よかった。俺たちのmisawa!惚れさせ男子データベース使ったり、railsからmecabが使えるnattoってgem使ったり、すっごいワクワクしながら見てた。flashこの間使ったなーとか。素早いなーとか。かっこいいなーとか。ライブコーディングのいいところはその場でまさかりが飛び交ってるところだと思う。あと使ってるツールが分かるところ!きたけーさんがerbを高速で書いてるところには胸を打たれた。今回はrailsアプリケーション作りだったので、作業内容をじゅうぶん理解できて嬉しかった!面白かったなー。一時間で作り上げるなんてすごいなー。石川高専すごいなー。

懇親会では、@igaiga さんに進路について相談したり、@yky_sokkou 先輩と女子トークしたり、@asonas さんと弊社英語力問題について語ったりしてた。結局英語で頑張ってコミットしてもその英語の使い方間違えてたらどうしようもないよなとか、副詞は動詞の前に置こうとか、動詞と動詞を並べるなとか、まず日本語からどうにかしたいなとか考えた。結果、積極的に我が英語レビューしたり日報のポエムコーナーに英語講座書いたりしてみることに落ち着いた。積極的にいこう。

今回も非常に有意義な寺子屋だった…次も絶対参加する!いつか師範になれたらいいな。

冬のインターンについて考えていたけど、未だに考えがまとまっていない。うーん。どこに行きたいんだろう….

株式会社 spice life でバイト始めた

1ヵ月と5日くらいぶりにまた spice life に雇っていただけることになった。 初めてのリモートでのアルバイト。すこし緊張する。 spice life のみなさんは idobata で聞けば即座にお返事かいてくださるので、一人で不安ってことはないんだけど、自分が時間管理ちゃんとできるかって点では心配かなぁ。 けど、これから就活に本腰入れなきゃいけないし、こうやってまた Rails 書いてアルバイトできるのはすこぶる嬉しい!

昔からうすうす気付いてたんだけど、私に一番足りないものは「両立」だと思う。なにか1つのことを始めたらそれ以外見えなくなる。 何事もバランスよくこなしていけるようになりたいなぁ。

結構自分に無駄な時間が多いので削っていこうと思う。今年の目標!

株式会社ドリコムでインターンしてきた

9月1日から12日まで目黒でインターンしてきた。

ドリコムには、高専ベンチャー の合同インターンというイベントを通して応募した。このイベントに参加を決めた理由はいろいろとあるが、やはりドリコムが受け入れ先企業に入っていたのが一番大きい。一度ソーシャルゲーム開発の現場で働いてみたかったこと、そしてドリコムRuby の高い技術力を持った企業であることが大きな理由である。

受かるまで

このイベントでは、自分のエントリーシートと出された課題を解いたものを企業が見たうえで面接の要請が来るというものだった。つまり、自分からは全く企業にアプローチすることができない。課題自体は簡単だった。「72X1/54713/3-2-3-24 を計算する」ものと、「素数の表をつくる」ものだった。結局、面接要請は4社から来た。ドリコムもその一つだった。 どの企業の面接も順調だった(気がする)。けど、一番最後のドリコムは緊張しすぎてしどろもどろになった。何を聞かれたか、何を答えたか思い出せない。思い出したくもない。なので、2次面接の知らせが来たときは心臓が飛び出るかとおもうくらい驚いた。

1ヵ月間の開発

夏休みに入る前日、無事面接に合格したとの連絡が来た。そして、企業課題が出た。「RailsTwitter をつくる」というものだった。わたしは Twitter が大好きなので、なんとも楽しそうな課題だと思った。その一方、数日後から始まる spice life でのアルバイトときちんと両立ができるか不安になった。 要件は、

  • device を使ってユーザー作成、ログイン機能を作る
  • ユーザーがログインするとメッセージの投稿フォームが表示され投稿ができる
  • ユーザーは別のユーザーのページに遷移することでそのユーザーの投稿を見ることができ、フォローができる
  • ログイン後のトップページには自身の投稿とフォローしているユーザーの投稿が表示される
  • kaminariを使って1ページあたり10件メッセージの表示でページ遷移ができる

だった。3ヵ月ほど前に北斗祭の Web アプリを作っていたので、結構苦しまないでできそうかな、とか考えていた。作ってみて分かったのは、時間がない時間がないって言っても、結局心のどこかで「この程度でいいかな」と思ってしまって作り続けることをやめてしまっていることだった。北斗祭のアプリのときもそうだったかもしれない。妥協してしまっている。こんなんじゃ全く成長できないと思う。しっかりしよう。話がずれた。Favorite 機能とか、Reply 機能とか、あとユーザー ID をユーザーが設定できるようにする機能を実装したかった。あとツイート消す機能。絶対このあとやる。

インターン

9月1日にいよいよアルコタワーに行った。配属先は某ソーシャルゲームのチームだった。何もかもが初めてで、ソーシャルゲームってどうなってるんだろう・・・と不安だったが、みなさんが暖かく迎えてくださった。サーバーサイドエンジニアとして、Rails で追加の機能実装してた。そのほか、ドリコム創業以来の歴史をお聞きしたり、スクラムというアジャイルの手法の一つを勉強したり、本番環境の構成について聞いたり、ペアプロをしたりした。ペアプロでは、社内 gem を作った。社内ツールの作成が非常に盛んであり、その歴史に名を刻めたのがめちゃくちゃ嬉しかった。 業務以外では、毎日違う人とランチに行ってお話を聞いたり、マラソン大会&バーベキューに参加したりと、存分にドリコムの文化に触れることができた。

思ったこと

  • エラー文を読むだけでは分からないこともある。 binding.pry で処理止めてみよう。質問することも大事。
  • ソーシャルゲーム開発の現場はスピード感があった気がする。 社内 gem で開発スピードを上げて士気を高めよう。
  • エンジニアには技術力と同等にコミュニケーション能力も大事。 face to face で話そう。スクラム
  • 実際に働いてみることで技術のことだけじゃなく、組織の文化が自分に合うかどうかも分かる。 就活のためにいろんな会社に行ってみたい。

最後に

働く前は、ドリコムに対して少し堅いイメージを持っていた。役員とかいるの・・・!的な。直前のアルバイトの印象が強かったせいもあるかもしれない。実際働いてみると、みなさんがフランクに接してくださった。どんな凄腕エンジニアにもあだ名が付いてる。ドリコムには凄腕 Rubyist が大勢いて、話をしているだけでドキドキした。社内 gem づくりが盛んなのにはおどろいた。gem ってそんなにカジュアルに作っていいんだ・・・!便利!楽!と思った。思ったことにも書いたが、やはり自分が持っているイメージと実際の会社の雰囲気は全く違う。働いてみないと分からないことってたくさんあるんだなと思った。今回ドリコムインターンすることができて本当によかった。学校が始まっても、時折「また行きたいなぁ」と思う。憧れの人がいて、その人にも「あの人はすごい」って思う人がいて・・・という会社で働きたい。と思った。

実際にインターンしたからといって、油断したくない。むしろ、危機感を覚えた。こんなんじゃダメだなと思った。プロジェクトマネージャにも言われたように、とにかくコード読んで、とにかく勉強し続けたい。どんな凄腕のエンジニアも、勉強をすることをやめてない。うまく時間をみつけて、コードと向き合おう。就活がんばろう。

最後に、お忙しい中インターンを受け入れてくださった株式会社ドリコムのみなさま、本当にありがとうございました。お世話になりました!!

自分の文章力じゃ全然魅力が伝わるブログが書けなくてくやしい!

HSK4級うけてきた

9月14日(日)、HSK4級を受けたのでメモ。

早稲田大学早稲田キャンパスに行って受けた。 大隈さんの銅像があって、写真とっている人がいっぱいいた。

準備

HSKの勉強をし始めたのは4年生になってからで、週に1度の授業でたまに過去問をやるくらい。 教材はこれ。

中国語能力認定試験 新HSK公式過去問題集4級 [2013年度版]

中国語能力認定試験 新HSK公式過去問題集4級 [2013年度版]

定期テストではHSKの听力の第一部分から3問くらい出た。確か前期中間は第一回の、前期期末は第二回の問題。なので、テスト前に範囲の部分を二回聞いてみたくらい。阅读や书写は全くやったことなかった。 東京にきてからアルバイトやインターンシップで忙しく、テキストを全く見れなかった。あと、なぜかテキストのCDを富山に置いてきてしまった。仕方なく、筆記の部分を勉強したのも2日前から。解いてみると第一回から第五回までどれも9割正解してた。リスニングに不安を抱いたまま当日を迎えた。

受けてみて

リスニングは正直全く自信がない。50点取れたかなという気持ち。でも分かる問題はすぐに分かった。先生が授業中に話すことはほとんど聞いて分かるが、試験のリスニングとなるとやはりいくらゆっくりだとはいえ聞き慣れない言葉が多く、難しく感じた。対策としては、もっともっとCDを聞くべきだと思う。これに尽きる。先生が授業中に話す中国語は大体意味が限られてくるし、たいていは教科書に沿ったことを話しているので、理解しやすい。HSKはそうはいかなかった。慣れるしか無いと思う。あと、听力の第三部分の会話内容が聞き取れても、問いが聞き取れないことがあったので、ほとんど勘で答えていた。もっと集中力をつけたい。

筆記はたいへん手応えを感じた。阅读はほぼ完璧に近いと思う。時間がとにかく余ったので、何度も見直した。书写は、並べ替えのものは自信があるものの、写真の状況を見て作文をするものが少し不安。まぁたいしたことは無いと思う。

中国語は勉強していて一番楽しい。なんと言っても、中国語を話す人々とお話できるのがいい。1年前に花火大会の帰りの電車で台湾からきた方と花火の写真を見せ合って仲良くなったときに初めてその喜びを感じた。さらに、発音がきれいだとほめられると勉強していてよかったなと思う。これからもっともっと勉強して、中国語検定の2級やHSK5級に挑戦したい。

株式会社spice lifeでアルバイトをした話

8月11日から8月29日までの15日間、渋谷にある 株式会社 spice life (http://spicelife.jp/)でアルバイトをしていたのでその話をします。 初めてのRailsでのアルバイトだったのでいささか緊張しましたが、あっという間に3週間が過ぎていきました。 spice life はすっごく自由な職場で、個人的に素敵だなと思うところがたくさんあったので書いてみます。

  1. 在宅勤務が可能  出社、めっちゃ疲れました。わたしも一日在宅勤務をさせていただいた日があったのですが、お布団にくるまれて仕事できるなんて、素敵すぎる制度です。体調の優れない日や、通院の予定がある日などにうってつけです。オフィスにエンジニアが全員そろっているほうが珍しかったです。何か聞きたいことがあれば idobata で、という感じでした。

  2. 勉強のための本を買ってもらえる  技術書って、高い。でも、spice life で働けば本を買ってもらえます。spice life はエンジニアの成長を全面バックアップしてくれる会社です!それに、みんながおすすめの漫画を持ち寄るのもすごくよかった。ハルロック、よかった。会社には本がたくさん置いてあるのも魅力的です。Ruby の本はもちろん、デザインの本などもありました。ずっと読んでみたかった WEB+DB PRESS を読めたのが嬉しかったです。

  3. レッドブルドクペ、お茶、コーヒー、紅茶、ペリエ etc.. が飲み放題  これはすごくありがたい・・・(アルバイト終了後に改めて思いました)カフェインのおかげで頑張れます。

  4. お菓子食べ放題  女子的にはものすごくありがたい制度でした・・・みんなでお土産を持ち寄るのもよかったです。

  5. Tシャツ作り放題  服を買いにいく服がなかったら作ればいいんだよ、という制度。

  6. お昼寝推奨  開発効率がとにかく重視されているので、お昼寝をガンガンしましょう!という制度です。やはり眠いと自分がなにやってるのかわかんなくなってくるので素晴らしい制度だと思います。

  7. ゲーム機がある  疲れたときにはゲームでリフレッシュができます!ソファもあります。ゲームでストレスを発散できるタイプの人にはおすすめだと思います。

  8. 水曜日のランチ&振り返り会  会社のお金でご飯が食べれる!という一週間に一度の素晴らしい制度です。このために頑張っていたと言っても過言ではありません。渋谷にはおいしいご飯屋さんがたくさんあるし、社長や部長のありがたいお話が聞けるいい機会です。また、一ヵ月に一度は、なかなか一緒にランチに行けないサポートのみなさんと出前ランチをするイベントもあります!

  9. クラウド補助金制度  Heroku や AWS、Sakura などのクラウドサービスを個人が使用することを会社が支援してくれる制度。とにかく個人の能力の向上を徹底的に支援してくれるのだなと思った要因の一つです。

  10. ジム行き放題  エンジニアにつきものな運動不足を解消できるかも!?な素晴らしい制度です。ムキムキなエンジニアになってモテたい、そんな野望を叶えてくれます。

  11. 勉強会参加支援  勉強会の参加費用を支援してくれ、さらに、勉強会の参加を出勤扱いにできるという勉強熱心なエンジニアたちにはありがたい制度です。しかも、島根で開催されるRWC(Ruby World Conference)にみんなで行っちゃおう!というイベントもあります。私も行きたい…

  12. とにかくみんな仲良し  誰かが誕生日のときにはみんなでお祝いしたり、歓迎会でみんなでワイワイしていたり、まさかり投げ合ったり、LGTM 画像投げ合ったり、和気あいあいと仕事していた感じがしました。NYにツアーに行くのもすごく勉強になりそう。とっても居心地のいい会社です。

  13. 椅子を買ってもらえる  エンボディやバロンなど、お仕事効率化のためにすばらしい椅子を買っていただけます。バロン、すごくよかった。。。もう学校の椅子には座れません!

まとめ

株式会社 spice life はエンジニアの学習を全面的に支援している会社ということがわかりました。また、開発効率を上げるためにいろんな制度が導入されていて、働く人にとって居心地がいい環境づくりがなされています。水曜の振り返り会や、月に一度の社員全員での出前ランチなどの制度によって、社員みんなが仲良くしているという印象もうかがえました。とにかく働きやすい会社だったという印象です。高専卒のエンジニアが多くて高専の話ができたのもよかったです。また遊びに行きたいです! 改めて、3週間お世話になった spice life のみなさん、ありがとうございました!