高専ベンチャー2014に参加した

3/19-21の3日間、高専ベンチャー企業ツアーに参加してきました。

 

リモート開発

2/24から三人でチームを作って、リモートで開発をしていて、

わたしはアプリのサーバーサイドを書いてました。作ったのは名刺作成アプリです。

言語はRubyフレームワークsinatra、使ったgemはCairo、あとはbase64とかjsonとかを書いてました。もちろん、githubをめちゃくちゃ使いました。

 

企業訪問ツアー&発表会

一日目と二日目は企業見学でした。

ミラクルリナックスさん、Sansanさん、リレーションズさん、mixiさん、CROOZさん、IMJさん、フィードフォースさん、Oisixさんを見学させて頂きました。

何回か訪問させて頂いている企業もあれば、初めて名前を聞く企業もあったので、とても楽しみにしていました。実際に訪問していると、何回か訪問させて頂いている企業さんはオフィスが移転してよりおしゃれになっていたり、以前聞いたのとはまた違った興味深いお話をしていただいたりと、刺激的でした。初めて訪問させて頂いた企業さんも、魅力的なお話ばかりでした。詳しくはまた違うエントリーに書こうと思います。

 

三日目はプロダクトの発表会でした。

この日の朝(というか夜中)にトラブルがあって、非常にぴりぴりしてたんですけど、なんとか自分の言いたい事が伝わる発表ができたと思います。(不満はありましたが)

ほかのチームも、プレゼンがとてもうまく、さすが高専生だなぁと思いました。やっぱり、相手側がパッと見て言いたい事が伝わるスライドを作る事が大事かなぁとも思いました。

まさか賞をいただけるとは思っていなかったのですが、SansanさんとCROOZさんから賞をいただくことができてすごく嬉しかったです。ちょっと辛かったので泣きそうになりました。

 

#### 反省点

今回の反省点はいろいろありますが、一番大きいのはチーム開発での情報共有がうまくいかなかったことだと思います。 そのせいで、タスク管理がうまくいかず、知らないうちにわたしの仕事がなくなっていたこともありました。(「このチームにわたしはいらないんじゃないかな。。。」って枕を濡らした事もありました)

最初にそれぞれの技術力がどれだけあるか、どういうことができてどういうことができないかというのを確認しておくことも少し足りなかったかなと思います。いつまでもCloseされないissue、書かれない仕様書(これは大問題だった)、わけのわからないコミットメッセージ・・・分からないものは分からないと聞く事も大事だよねと改めて思いました。

あとは、自分の意見をはっきり言えてなかったのも大きいです。わたしは実はリーダーをやりたくて(というかそんなにコードを書きたくなくて)、プロジェクトのマネジメントについてもっと学びたかったんですけど、最初にそれが自分から言い出せなくて結局できなかった。。。というのがありました。あと、コードを大改造しちゃって、困らせた事もありました。いや、困らせたっていうか。。なんだろう。オブジェクト指向って大事やん?みたいな・・・イライラしながらコードかくのほんとに良くないです。まぁ、最後にチームでダメだった事を話し合えたのでよかったかなと思います。できればちゃんと開発中に指摘するべきだった事が多いかな。去年の開発ではチームに全く不満がなくて、スムーズにいきすぎちゃってたのがあったので、余計に今回ちょっとフラストレーションがたまってしまった感はありましたね。だけど、たくさん失敗して、たくさん反省したので、これからの参考になりました。絶対にこの経験は次の開発に活きると思います。また、社会人になったらたぶん嫌でもチームで開発することになると思いますが、そんなときに今回みたいにフラストレーションの塊みたいな状態で開発するわけにいかないし、我慢するときは我慢する事が大切だし、チームの人も人間だし、情報共有大切だし、非常にいい勉強になりました。

 

これからしたいこと

これからしたいのは、てかしなきゃいけないんですけど、文化祭のシステム開発です。まぁ、これは部活の展示でもあり、みんなに使ってもらいたいものであり、わたし自身がめちゃくちゃほしいものであるので、楽しんで開発しようと思います。

 

感想

高専ベンチャーでは、全国から高専生が来るのもあって、やっぱりたくさんの人に出会えるのが一番のメリットだと思います。デメリットは開発のせいで寝れない事です。去年と違って懇親会は毎晩あったわけじゃなくて、夜ご飯は各自で食べてねとか、移動がタクシーじゃなくて電車アンド徒歩だからがんばってねとか、最初は「エーッ!?」って感じだったんですけど、イケメンと松○に行って牛丼たべたり、移動中にイケメンとたくさんしゃべったり、イケメンに傘にいれてもらったりと、 思い返せばわりと楽しかったです。靴ズタボロになったけど。

またみんなに会いたいな〜!!

 

以上です。

Alitaso345_fav.rbを書いた

ありたそ(@alitaso345)をファボテロするためのスクリプトをかきました。

めっちゃつかれた。

 

gist9306824

 

tmuxでコンソール共有しながらのハッカソン、なかなかよかった

だけど、ありたそに

 「20行目のfavorited?メソッドはgemのどのあたりにメソッド定義してあるのか」

と質問され。「・・・!?」となった。

わからん。

調べた結果、わからんかった。

Tweitter::Tweet#favoritedはlib/twitter/tweet.rbに定義されているんだけどfavorited?はmemoizableで定義しててよくわからんかった。

悔しいのでもっと頑張りたい。

おわり。

りょ

f:id:piraaaaa:20130712102104j:plain
すずしい!

がんばろう。。。

水分をとろう

Remove all ads

高専カンファレンス5周年記念パーティに参加してきた

先日たのしみにしていた高専カンファレンス5周年記念パーティにいってきました。

わたしは歴代実行委員長として登壇してお話させていただき、頭からっぽなままなんとか喋りました!スシマーケティングは成功し、みなさんのお口の中を唾液でいっぱいにすることができたと思います。これは一つの洗脳といっても過言ではないですね

はっしゅさんの記念ムービー、とても感動しました!富山カンファでの写真もあって、この5年間の歴史のなかに富山での開催も刻み込まれているんだなって思って感慨深いかんじでした。

おやきーずさんのおかげで花火職人体験ができ、ミラクルリナックスさんのいい会社っぷりを堪能でき、LT中のふぁぼてろのひどさを再び見ることができ(わたしも経験あり)時間があっという間に過ぎていきました。@earth2001yさんを偲ぶ会をすこし想像して悲しくなったりもしました。さつまいもジャムありがとうございました!

スシマーケティングをしておいてなんですが、わたしは一切お寿司を食べませんでした。というか、食べることができませんでした。気付いたらなくなっていた!すしはピザより強しでした。

高専カンファレンスに出会って、沢山のことが変わったとおもいます。なんとなく生きてなんとなく英語と中国語とマーケティングとを勉強していたんですけど、今では「勉強は将来のためだ!就職のためだ!!!」って思います。また、今まで出会った人とか、交流している人とか、ほとんどが高専カンファレンスがなかったら会うこともなかった人だと思います。プログラミングもしかり、高専ベンチャーもしかり。そのくらい、私にとっては大きいものだったと思います。本当に今までたくさんの人にお世話になりました。たくさんの憧れのおにいさん・おねえさんができました。目標とする人にも出会えました。本当に感謝しています。

では、おやすみなさい。

 

ブリはおいしい

こんにちは

長野に行ってきました

 

f:id:piraaaaa:20130428093639j:plain

f:id:piraaaaa:20130428171635j:plain

f:id:piraaaaa:20130428120402j:plain

 

f:id:piraaaaa:20130428174431j:plain

f:id:piraaaaa:20130428075959j:plain

 

 

さむすぎ。

 

おわり

 

あしたははたらきます

 

Rails寺子屋に入門してきた

遅刻してすいませんでした。

余談ですが、ホテルのカードキーをなくしたら、受付の人が「データ消すだけだからいいよいいよ〜〜〜」って感じで許してくれた。ごめんなさい(;;)しかもコートのポケットに入ってるのをRails寺子屋の会場についてから見つけてしまった。さらに、そこで既に遅刻していたのでタクシーで会場に向かったら運転手さんもわたしも場所がイマイチ分かんなくて全く違うところに連れて行かれた。運転手さんと謝り合いながらお別れした。

 

会場につくと、やはりすでにみなさんが着席されていて、わたしは@heimusuさんや@meke_mekeさんと同じところに座りました。そして自己紹介をして、Railsアプリづくりにとりかかりました。scaffoldし、erbをさわり、routesを調整して・・・という流れでした!その間に、分数のお話やバージョン管理のお話を聞きながら楽しく開発をすることができました!

ンー分りやすくて、楽しかった!!!

自分の不甲斐なさがよくわかったかんじでした(・ω・)

herokuにpushするのがゴールだったのですが、なんとつまづくつまづく・・・しかし、師範のお二方(しかもちょうイケメン)が優しく教えてくださって、なんとかpushすることができました!ありがとうございました!!!!

やっぱり、誰かに教えて頂きながら手をうごかすことは、一人でやるより何倍も進むなと感じました。だって、あの会場で諦めて遊び始めるとか絶対出来んかったもん・・・。つまづいてしまったときも、師範の方はすぐに「アッこれね」って解決されていて、かっこいいいいいい!って感じでした。あこがれます!また、アプリをつくっては消しつくっては消ししていれば着実に力は付くという話を聞き、これからいっぱい頑張ろう!!って思いました。やるぞ〜!あと、gitマンになる!!

 

この日つくったアプリに機能を追加したり改良したりして、自分の満足のいくまで進めていこうとおもいました!!

 

なんか中身のない日記だ。

おわり。

高専ベンチャー企業訪問ツアー2013に参加した 2

つづきです

 

企業訪問ツアー

企業訪問ツアーでは、8つのチームが担当した企業を順番に回りました。

ここで残念なお話なのですが、うちのチームの宮崎がわたしのメモ帳を持って三重に帰ってしまいまして、うろ覚えでしかかけません。

オロさんでは、エンジニアにはクリエイティビティーも求められる時代になるという話を聞きました。ただ仕様書読んでコーディングしているだけじゃ、エンジニアとしての成長も遅くなってしまうのかなあと思いました。

Yahoo!さんではアジャイル開発について説明していただきました。社内はイメージと違って楽しそうで、ふせんでタスク管理して、終わったらそのふせんにくっつけてあるお菓子が食べられるというシステムは、わたしならすごくモチベーションが上がりそうだなと思いました。お昼ご飯もいただきました。

sansanさんやCROOZさんは相変わらずかっこよかったのですが、去年よりもっとキラキラしている感じがしました!

 

ZEROSTARTさんでは転職のお話、さくらインターネットさんではデータセンターの見学、ビズリーチさんでは就職のお話、crowdworksさんではこれからの働き方のお話を聞きました。crowdworksさんでは、吉田社長に開発したものをプレゼンテーションし、ご一緒に写真を取らせて頂きました!

 

 

 

f:id:piraaaaa:20130325125432j:plain

 

 

この写真は宝物です(;;)

 

全体を通して

前回の企業訪問ツアーに比べると、やっぱりリモートでの開発があったという部分で大きく違ったなと思いました。前回は「就職」について考える機会を頂きましたが、今回はチームでの開発で自分の技術を磨くことができました。また、マネジメントやデザインをもう少し勉強したいなと思いました。

懇親会では、人とあまり喋れなくて困っていたのですが、企業の方と楽しくお話することができてよかったです。特に、Yahoo!の方とのお話はとても印象に残っています。同年代の人たちとは、逆にどんな会話をすればいいのか分らず、あまり交流できなかったのが残念です。

また、名刺を頂くばかりではなく、自分も名刺をお渡ししたいと思います。名刺つくる!

発表コンテストで賞を頂くことができなかったのはわたしたちチームにとってすごく悔しいことで、宿泊施設で3日目のcrowdworksさんへの企業訪問に向けてデスマしていました。無事に実装が終わって、crowdworksの吉田社長によい評価を頂き、本当に泣きそうになりました。このチームでよかったなと心から思っています。また、まだまだ未完成なので、これからもチームで開発を進めていけたらなと思います。

個人的には子供の教育向けのアプリ作りたいな〜

 

 

残念ながら4人部屋ではなく、一人一人に個室が用意されていたのが寂しすぎて、夜中3時くらいまでチームメンバーの部屋で遊んでいました。なかなか寝させようとしなくてごめんなさい(;;)完全にテンションがおかしかった。

 

嬉しいこととか悲しいこととかたくさんありましたが、とにかく参加してよかったなという気持ちでいっぱいです。おうちかえってきて、本当に泣きました。ワハハ

 

今回、お世話になった弦本さん、スタッフのみなさん、crowdworksのみなさま、本当にありがとうございました!

 

 ホテルが奇麗だった

f:id:piraaaaa:20130322223316j:plainレインボーブリッジ!

f:id:piraaaaa:20130322223427j:plain